こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

おくりびと

何年か前にめっずらしく映画館で観た映画です。

夜中に偶然CMを見て突然行きたくなり、これまた珍しく友人を誘って次の日に観に行きました。

ぼっろぼろぼっろぼろ泣きながら観た記憶があります(笑)

つい最近TV放送やったので録画してみたんですが、やっぱりぼろぼろ泣きながら観ました。

いや、いい映画です。

でもどういうわけか録画してから繰り返し観てるシーンがあって。

主人公が仕事をやめたいと社長に告げに行くシーン。

結局その話は全然出てこないんだけど、そのシーンがどういうわけかすごい好き。

シーンというよりは、その場、という感じかもしれないです。

古い部屋には、いたるところに大小さまざまな植物が育ててあり、その中で炭火(かな?)でふぐの白子を焼いて、それはそれはおいっしそーに食べる。

窓からは灰色の、雪がしとしと降っている風景が見える。

なんだかとても異色な空間。

このシーンが好きで繰り返し観てます。

部屋の中に熱帯の島みたいなたくさんの植物。

そのたくさんの植物の深いきれいな緑の先に、灰色の雪景色。

その中で食べる、ふぐの白子。

最初は部屋の中の植物の生えっぷりが好きだったんだけど、繰り返し観てるとそういう、異色さ、に目が行くようになりました。

映画の中では、隠れた(?)キーポイントなのかなぁと思います。

そしてこんな部屋にちょっと憧れる。

広告を非表示にする