こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

伊吹山薬草の里 薬草園はこれからに期待!

連休にレンタカーを借りて伊吹山に行ってきた。
行ったのは伊吹山と伊吹薬草の里。
今日は伊吹薬草の里を紹介ー。

伊吹薬草の里文化センターとは

公益財団法人 伊吹山麓スポーツ文化振興事業団が運営する施設で、資料館や体育施設などがある。
HPはこちら→公益財団法人 伊吹山麓スポーツ文化振興事業団
そこに何をしに行ったかというと、薬草園と薬草風呂目当て。
朝一出発してまず薬草の里に向かった。

なぜ伊吹山で薬草化というと、伊吹山は薬草の宝庫としても有名で、平安時代から薬草を出荷していたらしい。
それにちなんで、伊吹薬草の里文化センターには薬草園と薬草風呂をやってるとか。
ホームページをみると色々な種類の薬草があるようで…、勉強もかねてまずは薬草園へ…!

薬草園はもうちょっと頑張れ

ホームページを見て期待して行ってみたものの、まず薬草園の場所がどこかわからない。
園内を少し歩きまわってもわからない。
仕方ないので事務員さんに聞いてみたところ、丁寧に案内してくれた。
こんな一言と一緒に。

「薬草園といっても、そんなにたいしたことないんですが…」

そうして案内された薬草園。

正直に言います、ぱっとみ確かに大したことない。
時期が悪かったのもありますが、もうちょっと、もうちょっと頑張ってくれ…!
いろいろな種類の薬草が植わってはいるし、薬草の名札もたってはいるものの、どれがどれかわからない…。
全景の写真は撮り忘れたけど、こんな感じ

f:id:yutikoha:20151014144534j:plain

何も植えられていない、あるいは時期が終わっているところも多々あり…。
種類はいっぱい植えてあるし、時期が良ければ花もきれいなんだろうなぁ。
だからこそもっと頑張ってほしい…!
どれがどの薬草かわかるように写真付きの立札を置いたり、薬草の名前と効能とか歴史を書いたり…、いろいろ工夫したらもっといいところになる予感。

とはいえ、こんな風にきれいに花が咲いていて、

f:id:yutikoha:20151014144917j:plain

ちゃんと名前がわかるようにはなっていた。

f:id:yutikoha:20151014144951j:plain

ただ時々、花は咲いているものの

f:id:yutikoha:20151014145022j:plain

名前がわからなくなっているのもあり…

f:id:yutikoha:20151014145040j:plain

と、まぁこんな風に、もっと工夫して手入れもできればいい場所になるだろうな、という感じ。

事務員さんの話を伺ったところによると、場所が広すぎて雑草を抜くのに一苦労、とのこと。
春の芽が出るころだと、雑草なのか薬草なのか素人目にはわからず、ボランティアさんでは手入れしづらいんだとか。
確かにスペースは広いし、たくさんの薬草が植わっているし、手入れが行き届かないのもわかる。
それでもぜひとも頑張ってほしい…!

なぜそんなに頑張ってほしいかというと、薬草湯に入って薬草の効果を実感したから。
そんな薬草湯の話はまた次回。
つづく。