こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

ちょっとの庭仕事にハッカ油スプレー

出勤前の少しの時間、庭仕事をする。

雨のない日は水をやって、カモミールを摘んで、きゅうりの誘引をして、植物の様子を眺める。

それだけだので、10分ちょっとあれば終わって、そのまま出勤する。

わずか10分なのだけど、蚊がひどい。ものすごくたくさんいて、あっという間に数カ所刺される。これから出勤だってのに…。

そんなわけで、最近は家を出る前にシュシュッとハッカ油スプレーをつける。

 

実は今までハッカ油スプレーが蚊よけにどの程度効果があるのか、ちゃんと試したことがなかった。

でも先週、庭仕事をする主人に「ハッカ油スプレーは蚊よけに効果あるらしいよ」、ともっともらしいことを言ってハッカ油スプレーをかけた。

さてどのくらい効くのかな、と半信半疑で見守っていたところ、主人いわく「蚊が腕にとまるもけど、血を吸わずに逃げていく。ハッカ油かかっていないところだけめっちゃかゆい」とのことだった。

ほほう。結構効果があるのね。

 

そんなわけで、最近は朝庭に出る前に軽くハッカ油スプレーをつける。

ハッカ油スプレーはお手製のもので、ハッカ油数滴と消毒用アルコールと水を混ぜたもの。

アルコールと水が大体1:10位になるように、適当に混ぜる。

ハッカ油は多すぎると肌がひりひりするので、多くなりすぎないように注意する。でもあんまり細かいことは(・ε・)キニシナイ!

簡単にできるので、小さいスプレーボトルに作っておいて、出勤前にシュッシュ。

鼻を抜けるようなスッとした匂いがして、あと肌が少しスースーする。

虫よけ以外にも、ハッカ油は色々なことに使えるので、一つあると重宝する。

私は虫よけにも使い、かゆみ止めにも使っている。

 

ただし、あまり持続性はないらしく、30分から1時間くらいでスプレーしなおさなければいけないらしい。

なので本格的に庭作業をするときには、こまめに塗り替えるか市販の虫よけスプレーを使った方がいい。

でもちょっとした庭作業にはとても便利だし、使い道もいろいろあるので持っていて損はないと思う。

ハッカ油は本当に使い道が広いので、今後も使い方を調べていきたい。

おわり。

 

おまけ。 

ちなみにこのハッカ油スプレー、蚊だけでなく蟻よけになることも知った。

というのも、最近台所に小さな蟻がよくいたのだ。ちょろちょろちょろちょろなんだこいつらは!

そこでハッカ油スプレーをシュッシュしてみたところ、蟻がスプレーのかかった所をよけて歩く。

ついでに、蟻にハッカ油スプレーがかかると、動きが鈍くなる。

台所中にハッカ油スプレーをシュッシュしたところ、その日は蟻がいなかった。

 

ただし、ハッカ油スプレーで撃退とまではいかなかった。

確かに一時いなくなるんだけど、少しするとまたちょろちょろしている。

侵入口らしい台所の壁の隙間を埋めたものの、それでもどこかからか入ってきていた。

そうしてイタチごっこが続いていたが、先日ついに外部の侵入口を発見した。

ガス管を通す外壁に小さな隙間が開いていて、どうもそこから入ってきているようだった。

地面からのびるガス管には蟻の行列ができ、その隙間に蟻が消えていっていた。

こんなとこから入っていたのか、とちょっと驚いたが、さっそくその隙間を埋めた。

これでもう大丈夫。蟻は突然ふさがれた穴にだいぶ困惑しているようだった。

 

しかし、大丈夫と思ったのもつかの間、また台所に蟻がいる。

なんじゃこりゃと思いまたガス管の付近を見てみると、ふさぎ損ねた小さな小さな穴に、蟻が身体をねじ込みながら入っていくのが見えた。

こんな隙間からも入るのか、とちょっと感心したが、容赦なく隙間を埋めた。蟻はまた困惑しているようだった。

それが昨日のこと。これでもう入って来ないでくれると嬉しいんだけどな。

 

おまけその2

ハッカ油ってなんぞや、という方。これです。

使い道がたくさんあるので、一家に一本あって損はないと思う。

ハッカ油P 20ml

ハッカ油P 20ml

 

 

おまけその3

読み返してみたら、なんだか私が主人を実験体にするひどい女にみえる。

ちょっと言い訳すると、主人は外仕事でしょっちゅう蚊に刺されていて、いわば慣れてる。刺されてもあまり気にしない人なのだ。

対して私は蚊に刺されるとあとがひどくて、腫れるは痕にのこるはで大変。

だから主人に試してもらったのだ。うん、そこまでひどいことしてないはず。

ただ、さも効果があるように言って主人に試させたのは、安っぽい詐欺みたいだな、と少し反省した。