こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

紫蘇ジュースを作った

先週初めて紫蘇ジュースを作った。

先々週に紫蘇を買ったものの、作る気がせず放置。ばけつに水をはって、そこにさしたまま玄関に置いておいた。

放置すること5日ほどたったころ、主人が出勤前にちらりと紫蘇を見て、「紫蘇ジュース…」と呟きながらドアの向こうに消えていった。

紫蘇ジュースが飲みたいと言い出したのは主人で、思い返せば去年も紫蘇ジュースの話をしていた気がする。

「紫蘇ジュース…」というつぶやきと、紫蘇に向けた視線があまりに物欲しげで、重い腰をあげて紫蘇ジュースを作った。それが先週の話。

 

紫蘇ジュースは思いのほか簡単にできた。

紫蘇をじゃぶじゃぶ洗って、煮出して砂糖入れて、クエン酸かお酢をいれて終わり。

紫蘇の量が多かったので、うちで一番大きい鍋をでつくった。

f:id:yutikoha:20150629120806j:plain

これがクエン酸を入れる前。黒く濁った色をしてる。

これにクエン酸ないしお酢を入れると、びっくりするほど鮮やかな赤色に変わる。

f:id:yutikoha:20150629120851j:plain

これがクエン酸をいれた後。綺麗な赤色。

クエン酸でもお酢でもどちらでもいいらしいけど、我が家はクエン酸

クエン酸の方が酸味が少なく、紫蘇の味を楽しめると思う。でもお酢を入れてフルーツ酢っぽく飲むのもいい。

 

これを作ったのが先週で、1.5ℓくらいの紫蘇ジュースができた。

3倍くらいに薄めて飲むので、ひと夏紫蘇ジュースを楽しめるかなと思っていた。

 

それがどうだ。

一週間ほどたった今、紫蘇ジュースはほとんど残っていない。多分明日明後日くらいにはなくなる。

ひと夏どころかひと月ももたなかった。私と主人の二人しか飲んでいないのに。

あまりになくなるペースが早いので、主人にさりげなく聞いたところ、「朝と夕方に飲んでる。時々夜も飲んでる。濃い目のほうがおいしい。原液のままでも時々飲むけど、それもおいしい」とのことだった。

そりゃひと月もたずになくなるわ…。私も一日一杯は飲んでるし。さすがに原液のまま飲んだりはしないけど。

主人はよほど紫蘇ジュースがお気に召したようだ。

 

そんなわけで、初めての紫蘇ジュース作りは、ひと月もたずに消費される、ということがわかった。

あまりにも早いペースでなくなるので、もう一度作るかどうか悩む。

主人も喜ぶし、私も紫蘇ジュース好きだし、もう一回くらい作るかなぁ。

 おわり。

 

 

紫蘇ジュースの作り方

材料(およそ。ざっくり)

赤紫蘇 200~300g

水   1.5~2ℓ

砂糖  250g~(好みで)

クエン酸 大匙2くらい

 

作り方

紫蘇を綺麗に洗って、葉っぱだけにする。しごくように葉っぱを取る。

沸騰したお湯に紫蘇をいれる。

15分くらい煮る。紫蘇が緑色になるくらい。

紫蘇を取り除き、砂糖をいれて煮込む。砂糖が溶けるくらい。もっと煮てもいい。

クエン酸を加える。色が変わるのを楽しむ。

びんやペットボトルに入れて冷蔵庫にいれて保存。適度に薄めて飲む。

 

紫蘇は冷えの改善や胃腸の調子を整える作用がある。

我が家は、私が冷え性、主人は胃が弱い、と紫蘇にぴったりの家庭だった。

 

 

広告を非表示にする