こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

生長の早い栗

f:id:yutikoha:20150611132509j:plain

 

今年の3月に植えた栗。

苗を買って植えたのではなくて、栗をそのまま植えてみたもの。

主人がどこかで拾ってきた栗なんだけど、かなりすくすく育ってる。今年の3月に植えたから、3か月ほどでここまで大きくなってる。

今もまだ新芽が出ているらしく、成長が続いている模様。

このままいくと、本気で3年で実がなるんじゃなかろうかというほどの成長っぷり。3年後が楽しだなーふひひ。

 

栗は発芽率も悪くはなかった。3つ植えて2つ芽がでて、2つとも元気に成長中。

写真中央にある方が鉢に移植したので大きく育った。写真手前にちらっと写っているのがもう一つの栗。移植してないから小さいまま。移植しないとだなー。

ちなみに、発芽しなかった残り一つも一応そのままにしてある。この間掘り返したところ、芽が出る気配が少しあったので、発芽するかも(わくわく)と思ってそのままおいてある。でもまだ芽は出ない。だめかもなー。

 

栗を植える方法

  1. 栗を用意する
  2. 虫に食われていないか確認
  3. キッチンペーパーをぬらして栗を包む
  4. フリーザーパックなどに入れて空気を抜く(湿った状態を保つ)
  5. 冷蔵庫で保管
  6. 春になったら植える

 

栗だけではなくて、食べた種とかを植えるやり方は、『捨てるな、うまいタネ』 という本を参考にしている。

この本を参考に、果樹は湿らせて冷蔵庫で、他は乾燥させて缶で、を基本に種を保管。

食べた果実の種でも意外と発芽するもので、我が家では柿、栗、りんごかなし(どっちかわからなくなった)、トマトが発芽中。多分レモンと冬瓜も発芽する。

今までやった中で発芽しなかったのはプラム。今年植えてみたけど発芽する気配がなかった(´・ω・`) 

 

まぁ問題は、発芽するかどうかじゃない。実がなるのかどうか、だ。

桃栗三年柿八年の名に恥じないよう、3年後には栗の実が拝めることを期待。

桃栗三年っていうけど、実際のところ3年じゃ実らないよ、って話もちらっと聞いたけど、そんなことは(・ε・)キニシナイ!

頑張れ栗!ファイトだ栗!

 

おわり

 

参考図書

捨てるな、うまいタネ

捨てるな、うまいタネ

 

この本がきっかけで、食べた果実の種を植えてみようってなった。

読んでると、種蒔きたい!ってなるから不思議。

種の保管方法以外にも、種類ごとの種まきの時期なんかも載っていて参考になることが多い。参考にせずに蒔くことも多いけど。

我が家の種蒔きを拡げてくれたありがたい本。

 

捨てるな、うまいタネNEO (WAVE文庫)

捨てるな、うまいタネNEO (WAVE文庫)

 

 文庫も出てるみたい。元の本も結構コンパクトだけどね。

でも文庫版はNEOだって。NEWじゃなくて、NEOだって。