こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

越冬した2年目の栗

今週のお題「植物大好き」

 

今週のお題植物大好きじゃん!

ということで、いつもと変わらない庭のブログ

f:id:yutikoha:20160517174621j:plain

昨年種から(っていうか、実から?)育てている栗。

どこかからかも拾ってきた栗を半年冷蔵庫で寝かせて植えたもの。

桃栗三年とはよく言ったもので、びっくりするほど成長が早い。3年目になる柿といい勝負。今年中には柿を追い越すのではないだろうか。

越冬中は葉っぱも落ちて、大丈夫かこれ…という不安感が漂っていたが、春になったら新芽も出てきて、不安も一掃。なにも問題なさそう。

こんなにひょろっちくても、木と同じように落葉して越冬するんだなぁ。

少し前の写真なので葉っぱが心もとないけど、今では葉っぱも元気元気。

 

来年には花が咲いて実がなるのかしらふふふ。

おわり。

 

おまけ。

去年の栗の記事。

coji-logger.hateblo.jp

 

おまけその2

しかし、せっかくのお題なのになんとも味気ない記事だな。

いやでもこうやって地味な成長だって植物の楽しみだし!そういうとこも好きだし!むしろそういうところが大好きだし!

 

でもそう、日々少しずつ変わっている庭の植物を見るのは楽しい。

ちょっと見ない間に花が咲いているセージとか。

いつの間にか芽が出ているミディトマトとか。

変わらない毎日に、ちょっとしたうれしい変化をもたらしてくれるのも、植物に触れる喜びなのだ。

まぁいつの間にか青虫に食べられて、変わり果てた姿の植物を見るのは悲しいものがあるが。

だって青虫がキャベツの葉っぱどころか種も食べるなんて考えもしなかったし…!いつの間にかキャベツの種ボロボロだよちくしょうめ!

 

まぁそんな学びがあるのも、植物を育てている楽しみの一つということで。

(でもキャベツの種…青虫め…くそう…)

広告を非表示にする