こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

やっぱり『ハイキュー!!』はイイ!

『ハイキュー!!』が大好きです。

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

 

 最新刊17巻が出て、どうしても『ハイキュー!!』のよさを書きたくなった。

 

『ハイキュー!!』の何がイイって、部活が部活として描かれていることだ。

スポーツ漫画が多々あれど、これほど”部活”を描いている漫画はそうない。

授業があって、先輩後輩がいて、練習があって、大会があって。

そうやって、私たちも経験したような普通の部活が『ハイキュー!!』にはある。

普通の子たちが、普通の部活を一生懸命やっている。

普通の子たちではあるが、それぞれにそれぞれの人生がある。

 

才能はあれど仲間に見捨てられた子。

ひとりでもずっとバレーを続けてきた子。

負け続けて悔しい思いをしてきた子。

負けて心が折れてしまった子。

3年になってスタメンから落ちてしまった子。

練習から逃げたことを後悔している子。

たかが部活、と割り切っている子。

試合で力を発揮できなかった子。

圧倒的な才能を前に頑張ってきた子。

どうせ負けると最初から諦めてしまった子。

 

登場人物それぞれに物語があり、部活への、バレーへの想いがある。

それぞれの子の青春が、『ハイキュー!!』にはあるのだ。

主人公やライバル校だけでなく、弱小校にも想いがあり青春がある。

勝った学校、強豪校だけが、主人公なのではない。

負けた学校も弱小校も、みんな部活をしていて、みんな主人公なのだ。

それが、『ハイキュー!!』のおもしろさだ。

 

それぞれの学校、それぞれの子の青春がそこにあり、そして勝敗がつく。

負けた学校にトラブルや問題があったわけではない。

ボールを落としたから負けた。ただそれだけなのだ。

だからこそ、敗者の涙には心を打たれるものがある。

 

最新刊の17巻は、本当に青春だった。

最後の書き下ろし漫画は、読んでいて照れくさいくらいだった。

でもそれこそ、3年生の青春としてふさわしい。

3年間、必死に部活を頑張ってきた子たちの、胸が熱くなるような青春。

17巻も、いい巻だった。

おわり。

 

おまけ

ちなみに『ハイキュー!!』の面白さのもう一つに、まじめな笑いがあると思う。

試合中、必死でまじめにやっているからこそ、笑えてしまう。

そんなシーンがいっぱいある。それも『ハイキュー!!』の面白さのひとつだ。

17巻もそんなシーンがいっぱいあって、読んでて何度も笑った。

そんな最新巻がこちら

 

ハイキュー!! 17 (ジャンプコミックス)

ハイキュー!! 17 (ジャンプコミックス)