こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

花咲くローマンカモミール

f:id:yutikoha:20150605115742j:plain

今年の春に植え付けたローマンカモミールの花が咲いた。

小さくて白い可愛らしい花。これはかわいい。ほんとにかわいい。

そして乙女チックな可愛らしい花にぴったりの、甘いいい匂いがする。

手で触れるだけで、手にいい香りがつく。なんともすてきなローマンカモミール

下の方が枯れてきてるけど、花はちゃんと咲いた。咲くもんだな。

 

 

カモミールは大別すると、ローマンカモミールジャーマンカモミールがある。

それぞれの違いを簡単にまとめるとこんな感じ

 

ローマンカモミールの特徴

多年草。一度植えれば枯れない限り何度も生えてくる。

背が低い。這うように草が伸びる。踏むといい香りがするので、芝生やグランドカバーに向いてる。

全部からいい香り。花からも葉からも茎からもいい香りがする。

でもお茶にすると苦い。お茶にすると苦味が出る。入浴剤にするほうが向いてる。

多湿が苦手。梅雨前には刈り込んでおくほうがいい。じゃないと蒸れて枯れていつの間にか消滅。

 

ジャーマンカモミールの特徴

一年草。でもこぼれだねで増えていく。なので少し花を残しておくのがいい。

背丈が高い。数十センチくらいの高さになる。芝生にはならない。

花からのみ香りがする。草部分からは香りがしない。花がいい香り。

お茶に向く。日本でいうカモミールジャーマンカモミールのこと。

少し湿っている位がいちょうどいい。乾燥させすぎは成長が遅くなる。かといって水のやりすぎも根ぐされする。

 

 

我が家で植えているのはローマンカモミール

一年草より多年草の方がいいでしょ!って単純に考えて買って、あとからお茶には向かないと知ってがっくりした。でも触るといい香りがするからよしとする。

花が咲いたので収穫するべきなんだけど、あまりに可愛くて収穫できない。むむむ。

でも思い切って収穫してカモミール風呂に入りたい。

 

 

これから庭の植物の記録をブログにつけていこうと思う。ほぼ備忘録。

我が家の庭はかなりいい加減で、肥料もろくにあげない、雑草もわりと放置という適当な庭。でも育つしいいかと。

庭の方針は、『細かいことは(・ε・)キニシナイ!』

 

そんなわけで、第一弾はローマンカモミールでした。

おわり。

 

参考にしているHP・本

sodatekata.net

育て方の参考にしてる。参考にしてる、っていうほど我が家の庭には生かせてない。

 

an-herb.com

 ハーブの効能や効果の参考に。

広田セイ子のNewハーブブック―栽培・利用法・ハーブ図鑑

広田セイ子のNewハーブブック―栽培・利用法・ハーブ図鑑

 

 料理がうまそう。料理以外の利用法や栽培法も書いてあって、基本の一冊として先週買った。

 

 

広告を非表示にする