こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

やりたくないことをやらない その2

やりたくないことをやらないためにアイディアを出したけど、どれも実現できないこともある。

例えば前回の「食器洗いをやらないためのアイディア」を例に出すと

 

・食洗機を買う→いやいやお金もないし、スペースもないし

・誰かに頼む→誰もやってくれない、そもそも一人暮らしだし

・食器にラップをまいて使う→逆にめんどくさい…、コップには巻けないし…etc

 

と、こんな具合に、アイディアを出しても実現できないこともある。

じゃあ、どうするか。今日はそんな話。

 

 

■諦めない

 

 

まず一番大切なのが、諦めないこと。

アイディアを出したものの、「やりたくないことやらないなんて無理」と諦めてしまわないこと。

出したアイディアでは無理なら、他の方法を考える。

無理だ、と諦めて思考を停止しないこと。これが大事。

 

 

■本当に無理か、確かめてみる

 

アイディアを出してみたものの、どれも無理、と最初から決めてしまっていない?

例えば「食洗機を買う」

お金もないしスペースもないし無理、って思っているけれど、本当に本当に無理?

ちょっと調べてみると、小型で低価格の食洗機も販売されてる。例えばこんなのとか

 

パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR7-W ホワイト -
パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR7-W ホワイト -

 

調べてみると、自分では無理と思っていたことが意外とできる、ということが結構ある。

まずは、無理だと決めつけないで調べてみること。調べてみたら意外といい方法が見つかるかもしれない。

 

でも、そうやって調べてみても、やっぱり無理、ということもある。そうしたら、アイディアの方ではなくて、やりたくないこと、の方を調べてみよう。

 

 

■やりたくないことを細分化し、アイディアを出しなおす

 

例えば食器洗いをやりたくない、という場合。

やりたくない食器洗いの中で、具体的に何をやるのが嫌なのか細分化して考えてみる。

食器洗いをやりたくないと思うのは…

 

・冷たい水に触れること?

・洗剤で手が荒れること?

・汚れた皿を触ること?

・食事後の時間を楽しめないこと?

 

などなど…。

 

食器洗いのなかで、どういうことがやりたくないのかを考えてみる。

こうやってやりたくないことを細分化していくと、それに対するアイディアも出しやすい。

冷たい水に触れるのが嫌なら、お湯をつかうようにすればいい。

洗剤で手が荒れるのが嫌なら、手袋をすればいい。

 

やりたくないことを細分化し、それに対するアイディアを考え直す。

すると、最初に考えたアイディアよりは実現可能なものが出てきやすい。

 

ただ細分化していってみても、やっぱりどれもやりたくない、となることもある。

そんな時は、仕方がない。今は我慢しよう。

 

 

■将来の夢として託す

 

やりたくないことを細分化したものの、その行為そのものが嫌だった、となることもある。

例えば、食器洗いをやりたくないのは、水にも洗剤にも使った食器にも触りたくない、食器洗いという行為そのものが嫌だ!という具合に。

 

そんな時には、一時的には我慢する。

そして最初に出したアイディアの中で、もっとも実現可能そうなものを、目標として設定する。

先ほどの例でいうと「食洗機を買う」なら、スペースとお金の確保だけできれば実現できる。

今は実現できないけど、引っ越しと貯金ができれば将来的に「食器洗いをしない」生活は実現する。

たとえそれが何年先になってしまっても、将来はやらなくてすむようになる。

そう思うだけでも、やりたくないことをやっているときの心理的な負担は減る。

 

 

■やりたくないことをやらない人生はすごい

 

ごちゃごちゃと書いてきたけど、何が言いたいかっていうと、

 

やりたくないことをやらない人生って楽しい!

 

それだけです。