こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

ペーパーアイテムを節約する方法

ちょっと間が空いてしまいました。

結婚式のペーパーアイテムというと、招待状にはじまり、席次表、席札、メニュー表などがあります。

これら一部ずつは大した値段ではないのですが、人数分用意していくと結構な金額になってしまうのです。

例えば、結婚式の招待状は、式場などで注文すると1通数百円ほどするでしょう。

宛名書きなどもお願いすると、1000円弱ほどするようなところもあるみたいです。

仮に1通500円だとしても500円×50人で25,000円。

(招待状は夫婦宛ですと1通でいいので、実際招待する人数よりも少なくなります)

席次表、席札、メニュー表なども合わせていくと十万円弱くらいまでいくでしょうか。

正直に言うと、これらのペーパーアイテム、いつかは捨ててしまうという人も多いのではないでしょうか。

そういった残らない物にお金をかけるのはもったいないかなと思いました。

そんなわけで、もともと紙物の手作りは好きなので、手作りしていくことにしました。

手作りの方法は主に2つかと思います。ので、まずそれをご紹介します。

1.キットものをロフトやネットでで購入する

ロフトに行くと、招待状や席次表のキットが売っています。

デザインも豊富で、これならあとは文面や宛名を印刷するだけという代物です。

また同じようなものがインターネットでも販売されています。

例えばこちらPIARY楽天市場店などにもあります。

こちらだと、1通200円くらいですね。時々半額セールとかイニシャルスタンプのキャンペーンもやってるみたいですよ。

こういったものを利用すると、式場での注文よりもはるかにやすくなります。

仮に200円だとすると、200円×50人で10,000円になります。15,000円安くなりました!

実際にはプリントのインク代などがかかってくるので10,000円くらいでしょうか。

ただその他ペーパーアイテムも手作りすれば、積もり積もって3,4万円くらいは安くなりそうです。

インターネットでペーパーアイテムを扱っているところは色々あるので、後日紹介しますね。→書きました!こちらです

2.完全手作り

キットではなく紙を購入し、デザインやリボン等も自分たちで作っていきます。

これもロフトやネットで購入できます。

ネットだと、こちら→紙図鑑 ウエディング ペーパーアイテムさんなどがたくさん種類があります。

紙図鑑さんは無料でサンプルを送ってくれます。

また手作りした方の作品集などもあるので、完全手作りをされる方はみておいて損はないと思います。

完全手作りの場合、時間がかかるというデメリットはありますが、その分安く作ることもできますし、オリジナリティーを出すことも可能です。

ちなみに私たちは完全手作りで作りました。

ロフトも紙図鑑さんも見たのですが、最終的に利用したのは京都にある楽紙館さんで購入しました。

サイトはこちら→楽紙館

和紙などを中心に扱っており、見てるだけでも楽しくなるようなお店です。

私たちはこちらで束で販売されている紙を買い、スタンプなどを使ってペーパーアイテムを手作りしました。

その詳細はまた後日に(^-^)

と、主にふたつの方法があるかなと思います。

値段と時間を天秤にかけ、あとはどこまで自分で作りたいかというので選んでいくといいと思います。

参考にしたサイトなどを後でまとめますので、そちらも合わせてみていただければと思います。