こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

パビリオンコートを見学! 式場選び、初めての見学はパビリオンコートさんでした

ではでは、私たちの見学した式場について少しお話を。

見学初日、一件目に行ったのが、京都東山のパビリオンコートさん。

こちら、なーさんの友人が挙式、披露宴を行ったそうで、なーさんは前から行ってみたかったらしいです。

東西線東山駅から歩くことおよそ5分。青蓮院の向かいにひっそり建ってます。

 

見学に行った日は、挙式のある日らしく、挙式前にさっと式場と披露宴会場を見学、という形でした。

でも、実際の挙式のために用意された会場を見れたのはよかったなと思います。

しかも、その時挙式をする方がかなりオリジナルな結婚式をする方らしく、テーブル装花を自分で作っていたり挙式の際に踊りながら入場をしたりするという話を聞けました(!)

そのあとは、予約の状況を聞いたり、説明を聞いたり、見積もりをもらったりしました。

全体で1時間ほどだったかと思います。事前に聞いていたよりかなり早く終わり、なんだか少し拍子抜けでした。

式場そのものの雰囲気は、京都らしく、また大正ロマンっぽくてとても素敵です。

建物も、椅子や飾ってある絵なども、歴史が感じられます(実際歴史のある物のようです)

披露宴会場も広すぎずアットホームな感じだし、話を聞く感じ、かなり自由に色々できそうです。

担当してくださったKさん(後々もずっと担当してくださいます)も、やわらかい雰囲気で好感を持ちました。

見積もりも思っていたよりは安かったので、ここに決めてもいいかなと思いました。

ネックと言えば、バリアフリー化されていなく、エレベーターがないこと、でしょうか。

決めてもいいかなという思いもありましたが、今決めてください、という雰囲気もなかったし、予約もまだ空きがあるようだったので、特に決定などせずに、次の式場へと向かいました。

 

思っていたより早く終わったので、周辺を観光してから次の会場に行きました。

そのくらい、あっさりと終わった見学でした。

多分、ちゃんとフェアの時などに行けばもう少し時間がかかるのではないかと思います。

私たちが行ったのがフェアではなく、普通に挙式前だったので、こんなにあっさりしていたのではないかと思います。

でも、このあっさりとした感じも、式場を決定する際の決め手になりました。