こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

A6ノートへのこだわり

最近ノートについていろいろ書いたなかで、A6ノートがいいようという話を散々していますが、今日はその話。 A6とか文庫本サイズの利点その1。 写真が貼れる大きさ。 ふつーの大きさの写真がそのままぺたっと貼れます。これはとてもいい! 人からもらった写真をそのまま貼ってみたり、自分で撮った写真をプリントして貼ってみたり。 切り取ったりせず、1ページにそのまま貼れるのですごく便利です。 ちなみに自分でとった写真をプリントアウトするのにはコンビニのコピーサービスが便利です。 セブンとかローソンのコピー機に、SDカードなどを入れると、写真を選択してプリントすることができます。 1枚30円くらいで、ふつーによくみる写真ができあがります。 加えてうれしいことに6枚の写真を1枚にプリントアウトする割り付けプリントもできるので、たくさん写真を撮った日なんかは便利。 まぁこのプリントアウトの知恵はこちらの本をそのまま真似しただけなんですが。 人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ [単行本(ソフトカバー)] / 奥野 宣之 (著); ダイヤモンド社 (刊) ちなみにこの本で紹介しているポラロイドのtwoもすごくほしい。正直PoGoでもいい。どっちでもいいけど欲しい。ちなみにこれね、これはPoGoのほう。 Polaroid PoGoインスタントモバイルプリンター グレー CZJ-10011G / ポラロイド えーと話がそれたけど、なんだっけ、そう!写真が貼れるA6ノートはすごくいいよって話。 A6ノートのよさについてはまだまだ続きますが、また次回!
広告を非表示にする