こーじーろがー

やりたがりで知りたがり。自分の中の不自然を自然に戻していく過程。生活のこと、引き寄せのこと、種のこと…全部が実験中なのです。

Evernote

EvernoteとかtwitterとかRSSリーダーとかスマホとか、が好きです。

共通点共通点、と考えてみたんだけど、新しいサービス、ってくらいしか思いつきませんでした。

とくにこれらを使って広くコミュニケーションとったりはしてません。

こういうサービスをみつけて、ほうほう、って思いながら自分なりに使ってみる、というのが好きなのかな。

そんなわけで、それぞれどんなとこが楽しいのかオススメ半分で紹介。

Evernote

2011年の春ごろから使い始めて、秋ごろからはまり始めた感じなので、まだまだ全然使いこなせてないですが、楽しい!

イメージとしては、デジタルデータのスクラップブック、って感じでしょうか?

公式サイトでは、すべてを記憶する、ってキャッチフレーズが使われてますね。

たとえばインターネットでこれはおもしろいなーとか、あとでまたみたいなーって思ったページがあったとします。

でも別にそホームページ全体が気に入ったわけではなくて、そのページのみをとっておきたいってことないですか?

そういうときに、そのページだけをスクラップして保存しておけちゃう、そんなイメージです。

具体的に言うと、たとえばレシピサイトでいいなと思うレシピを見つけました。

そしたらすかさずページをエバーノートにクリップ(スクラップ)します。

そうやっていろいろなサイトから自分の気に入ったレシピをエバーノートにため続けると、自分専用のレシピブックができる、そんな感じです。

お気に入りにレシピっていうフォルダ作ればいいんじゃない?っていう話もありそうですが、エバーノートだとページ内の検索ができるんです。

これが非常に便利!

レシピでいうなれば、たとえばにんじんって検索すればにんじんを使った自分のおきにいりレシピが検索できちゃうわけです。ひょー!

それともう一つ、ノートブックとタグ、というものがあります。

最初これの意味がよくわからなくてうまく使えなかったのですが、それぞれこんなイメージだとわかりやすいかなと思います。

ノート…ルーズリーフ

ノートブック…ルーズリーフを束ねるバインダー

タグ…付箋

ルーズリーフに書いたレシピを、バインダーに束ねておいて、あとで検索しやすいように付箋をつける。

そんなイメージです。

先ほどのレシピでいうと、メインディッシュ・おかず・デザートという題名の付いたバインダー(ノートブック)があります。

それぞれのバインダーは、それぞれのレシピが書かれたルーズリーフが束ねてあります。

そしてそのルーズリーフには、たとえば「にんじん」「かぼちゃ」というような、そのレシピに使われている材料の付箋がついています。

たとえばシチューと牛乳プリンのレシピがあったとすると、

シチューはメインディッシュのノートブックにはいっていて、にんじん、じゃがいも、肉、牛乳といった付箋が付いています。

牛乳プリンはデザートのノートブックに入っていて、牛乳、卵、といった付箋が付いています。

ので、たとえば「牛乳あまりすぎた、どうしよう」って時に、牛乳という付箋(タグ)で検索すると、メインディッシュのバインダー(ノートブック)とデザートのバインダー(ノートブック)にあるシチューと牛乳プリンが検索できる、というわけです。

ちょっとわかりにくいんですが、なんとなくこんなイメージです。

今回レシピを例にしましたが、ほかにも行きたいところとかほしいものをなんでも入れてみるとか、そういうこともできるのです。

もちろんインターネットのサイトだけでなく、自分の写真やら文書やら、多少制限あるものの、なんでも入れられます。

自分のお気に入りが集まった小インターネットみたいなものが出来上がる感じです。楽しい!

私は完全プライベートで使用なんですが、これをお仕事に活用してる方も多いみたいですね。

ぐぐってみると、いろんなかたの使用例とか出てきておもしろいですよ。

そんなわけで長々語ってみました。

次回は自分の具体的な使用例でもあげてみようかな。

広告を非表示にする